ランニングによる筋肉痛の部位や解消方法や対策について

スポンサーリンク

運動をするうえで気軽に始められるとうことで競技人口が増えているものとしてあるのが「ランニング」というものがあります。
運動不足の解消をするのに始めるという事も多いかと思います。
またダイエットなどにも効果が高い「有酸素運動」でもあります。
しかし、多くの方というのがこのランニングを初めて数日でやめてしまうことが多いというのが現状としてあります。
この原因としてあるのが、「疲れる」「筋肉痛」といったものなの実に様々あるのではないでしょうか。
人間というのは、つらいと感じることを避ける傾向にあり、そのため体が疲れを覚えることでランニングを継続することが出来ないという事があります。
本来、ランニングをはじめ筋トレなどを行うとこういったことが起こってしまいます。
これを防ぐためには、どうすればいいのでしょうか?
人間というのは「辛い」という事を防ぐ以外にも、日々の習慣、行動以外の事に何かプラスすることが苦手という事があります。
そのために継続することが苦手という事があります。

スポンサーリンク

まずは、習慣化するという方法について説明をしていきたいと思います。
私たちが生活をしている中で例え疲れていても、食事もするし、歯磨きやお風呂やトイレ、テレビを見るなど行うことが多いと思います。
この部分が習慣になります。
これは、幼い頃からずっと繰り返したことであるため、苦も無く行います。
この習慣にランニングなどを組み込む場合にはまずは2週間継続することが重要です。
1日5分でもかまいませんので、しっかりとやると決めて行ってください。
言い訳などを作らずに取り組みことが重要で必ず(あまりにも体調不良や悪天候は除く)実行するようにしてください。
この取り組みを行うことで、次第に脳に習慣としてランニングが組み込まれていきます。
すると次第に1日5分から始めたランニングが時間が長くなって行ったりとします。
この開始の際には絶対にオーバーワークを行わないようにしてください。
不思議と人というのは初期の状態で全力で走ろうとするのですが習慣化以前に体がついていかないという事があり当然長く続きません。
そのため走るというよりも歩くという行動でもかまいません。
それから徐々に早歩き、走るという事でもかまいません。
また筋肉痛も大敵といえます。
トレーニングの多くに付きまとうものとしてあるのが筋肉痛です。
久々に運動を行った人は特に多いのですが、体のケアをすることでトレーニングやランニングも習慣化につなげることが出来るので、しっかりとしたケア方法を学んでいきましょう。

スポンサーリンク

ランニングによる筋肉痛の部位や解消方法や対策について記事一覧

運動不足の人は筋肉痛が起こりやすいです。特にランニングなどの激しい運動をした後は、ふくらはぎが筋肉痛を起こしてしまいます。そもそも、筋肉痛とは、なぜ起こるのでしょうか。筋肉は、急激な負担によって疲労物質の乳酸が溜まります。乳酸が溜まると、筋肉痛の原因になるのです。この痛みは、即時性筋肉痛です。また、筋肉の収縮によって、小さな断裂ができます。断裂によってできた傷から痛みが発生する場合もあります。また...

運動不足を解消するために手軽にできる運動といえばランニングです。ですが、ランニング後に股関節が筋肉痛になり困った思いをした方は多いのではないでしょうか。そんな方のために、なぜ股関節の筋肉痛が起こるのか、そして筋肉痛が起きた場合の対処方法は何があるのか、教えたいと思います。股関節は20以上の筋肉により支えられており、その筋肉により体重を支えたり走ったりすることができます。その筋肉がバランスよく鍛えら...

ジョギングをした後、足や腹筋などが筋肉痛になります。あまりにも筋肉痛がひどいと次の日の日常生活にも影響を与えてしまうことがあります。ですから対処をきちんと知って足や腹筋などの筋肉痛が長引かないようにしなくてはなりません。そのためにはいくつかの方法があります。自分にあった対処方を知っておくだけで筋肉痛を改善できます。ジョギングをした後、筋肉痛になるのは足だけだと感じる方が多くいますが、走った後にくる...

私たちの体はたくさんの筋肉に支えられています。腕の挙げ下げも歩くこともすべて筋肉によって成り立っているのです。しかし、この筋肉は使わないと一気に弱って行くのです。運動選手が「けが」などをして動くことが出来なくなっても、少しずつトレーニングをしている様子をテレビで見たりします。これは痛めた個所以外の筋肉の低下を防ぐために行われているのです。このようにあまり筋肉を使っていない時に激しい運動をすると筋肉...

ランニングをした後で、脚やすねや太ももやふくらはぎの色々な部位が筋肉痛で痛みます。よく負担がかかる部位が下半身ですが、ランニングのフォームによっては首や背中やお腹など筋肉痛が出る部位が異なります。中でも初心者が痛くなることが多い部位はふくらはぎと太ももの前側です。また、臀部や太ももの裏側といった部位にも負担がかかるので、痛くならないわけではありません。他には、体幹を支えるときに筋肉痛になる部位が背...

股関節はある意味で体全体を支える重要な部位であり常に負荷がかかっている所ですが、だからと言って全く鍛えないでも大丈夫かというとそうでも無い部分でもあります。特に殆どの人が行わない開脚してからの負荷は普段から使っていない筋肉が刺激される事もあり、筋肉痛の原因となる可能性も高いのでそう言った使い方もある程度は心がけて使う様にする必要もあるのです。しかしこう言った例は運動したり負荷をかけた自覚がある為に...

ランニングをすると、半日後から二日後くらいまでに筋肉痛が生じることがあります。これは、ランニングにより筋繊維が酷使され、破壊されたり傷んだりしたためです。破壊されたと聞くと物騒なイメージがありますが、筋繊維は自力で修復する力があるため心配はいりません。筋繊維の破壊後、修復するときに筋繊維が大きくなることにより筋肉がつくので、筋肉痛はむしろ必要な痛みといえます。とはいうものの、筋肉痛はなかなか辛いも...

健康維持のために、ランニングをしている人、多いですよね。タイムが伸びたり、長い距離を走れるようになったり、走っていると色々な収穫があって楽しいものです。身体もどんどん健康になっていきますし、でもでも怪我をして走れなくなってしまった方いるのではないでしょうか?特にランニングを始めたばかりの初心者の方に多いのが、ふくらはぎの筋肉痛です。太ももや脚のつけ根の痛みよりも体重移動に伴う痛みは少ないので無理を...