太股の筋肉痛の原因や解消方法

スポンサーリンク

普段、あまり体を動かしていない人がスポーツなどをすると、翌日には体の随所に筋肉痛が生じることがあります。
体の中でも足は、スポーツをする上で特によく使う部位なので、筋肉痛を起こしやすいです。
さらに足の中でも太股は、筋肉が大きい分痛みを生じやすいと言えます。
こういった痛みの原因は、主に2種類あると考えられています。
まずひとつめは、筋肉を酷使することで疲労物質がたまってしまうことです。
そしてふたつめの原因は、酷使された筋肉に細かな傷が入り、そこが炎症を起こしてしまうことです。
筋肉の大きな太股には、特に疲労物質がたまりやすく、また傷も入りやすいです。
そのため太股は、体の中でも特に筋肉痛を起こしやすいのです。
治すためには、筋肉に休息を与えることが一番ですが、通常は痛みが完全にとれるまでには2〜3日かかります。
その間、痛みによる体の動かしづらさから、日常生活に支障を来たすことも少なくありません。
そのような場合には、マッサージをすることで回復を促すことができます。

スポンサーリンク

疲労物質は、酷使した部分に特に多くたまっています。
それをその場所から押し流すことで、ある程度痛みは軽減されます。
そして押し流すためには、マッサージで流れを作ることが有効なのです。
また疲労物質は、体を動かしている段階でどんどんたまっているので、スポーツの最中あるいはその直後にマッサージをおこなえば、痛みは生じにくくなります。
痛みが生じることを防ぐには、ストレッチをすることも有効です。
筋肉痛は、普段からよく使っている筋肉には起こりにくいです。
そのような筋肉は、柔軟性がありダメージに強く、酷使しても傷が入りにくいのです。
したがって、日頃からストレッチによって筋肉を伸ばしたり縮めたりしておくことで、筋肉痛を防ぐことができます。
太股の場合は、正座をした状態で上半身を仰向けに倒したり、前屈をしたりすることで、筋肉を伸縮させることができます。
伸ばしすぎたり縮めすぎたりすると、かえって傷を増やしてしまうので、ストレッチは適度におこなうことが大事です。

スポンサーリンク