筋肉痛におすすめの冷湿布の特徴とは?

スポンサーリンク

筋肉痛とは、運動によって筋肉の繊維が傷つき、筋線維を修復する際に起こる痛みを指しています。
普段慣れない運動を行ったり、激しくストイックな筋肉トレーニングによっても引き起こされ、筋肉が傷ついて回復を繰り返すことで強固な筋肉を作り出すことができます。
ですが、脚や腕や背中などの筋肉痛は生活に支障をきたしやすいため、湿布によるケアも重要とされています。
近年、ドラッグストアや薬局を中心にバリエーション豊富な湿布が販売されていますが、一般的なのが温タイプと冷タイプの種類です。
温かさを感じることのできる温タイプには、トウガラシ成分となるカプサイシンが含まれているのが特徴で、冷タイプには冷たさを感じるメントールが含まれていますが、有効成分自体に差は生じていないのも特徴です。
特におすすめなのが冷タイプであり、筋肉痛は炎症を抑えることが大切で、優れた抗炎症あるいは鎮痛効果のある成分が配合された湿布を利用します。

スポンサーリンク

例えば、アスリート選手など、身体をアクティブに動かす方から支持されているおすすめの筋肉痛を緩和してくれる湿布には、痛みに関与しているプロスタグランジンの生成を抑制し、筋肉の痛みに効果を発揮する鎮痛消炎成分を配合しているタイプの冷湿布です。
もちろん、優れた冷却力を持っているのが特徴で、傷ついた筋肉の繊維となる炎症をスピーディーに抑えてくれます。
また効果だけではなく、実用性も兼ね備えているのも魅力であり、1枚も大判サイズで貼りやすく、角を丸くしていることで剥がれにくくしています。
さらに伸縮が自在なので、デコボコとした関節部位などにもフィットするためにどんな部位にも貼りやすい魅力も挙げることができます。
さらに近年では、ツンとする特有のニオイを抑えたタイプも提案されていますし、厚みも極薄タイプがあったり、白やピンク、茶色などの様々な色もラインナップされているため、女性にも使い勝手が良いとしておすすめです。

スポンサーリンク