運動による筋肉痛と発熱による筋肉痛について

スポンサーリンク

運動をすると筋肉痛になることがありますが、翌日痛みが発生する場合と、数日たって発生することがありますよね。
なぜ痛みが発生する時間がずれるのでしょうか。
実は筋肉痛には、即発性と遅発性というものがあるのです。
運動を行った直後か、遅くとも当日中には発生する痛みは即発性です。
そして、翌日や2日後などに発生するのは遅発性と言います。
即発性は、菌細胞が損傷を受けたために痛みが発生します。
遅発性の場合は、筋細胞がダメージを受けたことで発生するのです。
筋細胞は日常生活の中でも傷ついているのですが、小さな物はすぐに修復します。
しかし、激しい運動を行った場合はより深く傷がつくので、炎症を起こしてしまうのです。
では、発熱によって筋肉に痛みが生じるのはいったいなぜなのでしょうか。
実は、高熱によっても筋細胞は炎症を起こしてしまうのです。
この場合の筋肉の痛みは、遅発性のメカニズムと同じです。
もし高熱を発症し体に痛みを感じたら、筋肉を労わることも考えるといいでしょう。

スポンサーリンク

ところで、筋肉痛の痛みが発生する時間というのは、若い人ほど早く、歳よりであるほど遅い、と一般的に言われていますね。
しかし、筋肉が生じる痛みというのは、即発性と遅発性のメカニズムによるものなので、年齢は関係ないのです。
激しい運動は、若い人の方が行う率が高いです。
そのために即発性の筋肉痛が発生するのです。
逆に、年配者であっても激しい運動を行えるほど体力があれば、すぐに筋肉に痛みが生じるのです。
もし筋肉痛を発症したら、なるべく自然治癒力を高めてあげることが重要となります。
体を激しく動かした後は、体を労わるために入浴後にマッサージをしたり、栄養のある食事をすることでケアができます。
すでに痛みがあるなら、優しくマッサージをしましょう。
ただし、しっかりと揉むようなマッサージは避けてください。
筋肉が痛むということは、筋繊維に損傷を起こしているということです。
そこに強い力を加えてしまうと、さらに悪化させることに繋がるのです。
表面を撫でるような優しいマッサージの方が、高い効果を期待できます。
発熱して筋肉に痛みがある場合も、体を優しく撫でてください。

スポンサーリンク