「全身原因不明」の筋肉痛!?いったい何が原因?

スポンサーリンク

さして動いたつもりはないのに、全身が原因不明の筋肉痛の時はありませんか。
実は、筋肉痛になるのには原因があります。
張り切って大掃除をして、家中の細かいお掃除をしたり、バーゲンで並んだりすると、結構筋肉痛で響いたりすることも少なくありません。
実は、筋肉痛の原因は、医学ではあまり解明されていないことも多いようです。
一部の説によれば、乳酸が蓄積することにより、筋肉が酸性に傾くと、固まってしまうため痛みが生じるとされています。
そのため、よく体を動かしたら、体をほぐすことが大切になってくるのです。
ようするに、筋肉を動かせば、筋繊維が破壊されます。
そして、筋繊維が元に戻ろう、回復をしようとすることで痛みが生じているケースが少なくないのです。
痛くならないようにする方法もいくつかあるようなのですが、アスリート達のトレーニング方法などを参考にしてみると良いことが多いようです。
回復をするためには、栄養素にまず、目を向けてみましょう。

スポンサーリンク

筋肉が熱を帯びたら、クールダウンといって冷やす方法があります。
これは、物理的に筋肉痛を緩和する方法になりますが、全身になると、ちょっとやりきれません。
そのため、部分的に冷やせる部位は冷やすという感覚で良いのです。
クエン酸やアミノ酸などのサプリメントやドリンクを活用する方法もよく知られています。
お風呂に入って体を休めることも非常に大切になります。
なので、何だか体が痛いと思う方は、ゆっくり入浴をされてみては如何でしょうか。
入浴剤などにこだわってみるのもリラクゼーションで良さそうです。
また、マッサージなども効果があります。
これは、リンパの流れをよくすることによって、代謝をゆるやかに促進をすることができるからです。
マッサージなどによってリンパの流れを良くすることで、老廃物として乳酸を排出することができるからです。
体をほぐすことも、痛みを緩和するのに大切なので、ストレッチなどを行うことも大切になります。

スポンサーリンク