筋肉痛の時のストレッチのやり方

スポンサーリンク

久しぶりに気持ちよく運動をしたいと思っても、次の日に襲ってくる筋肉痛のことを考えると億劫になることもあります。
ひどいときは数日間痛むこともあります。
誰もが少しでもはやく軽減できたらと思うことでしょう。
そもそも筋肉痛とはなぜ起こるのでしょうか。
筋肉痛は、運動が終わった数時間後〜翌日、翌々日というように時間をおいて起こるもので遅発性筋痛というものです。
メカニズムははっきり解明されていないようですが、運動した時に生じる疲労物質の乳酸の蓄積が原因という説があります。
また、運動によって断裂した筋繊維を修復しようとして起こる痛みであるという説も有力なようです。
普段使わない筋肉を使いすぎたり、突然使ったりすることで筋繊維に傷が付きます。
筋繊維を修復する過程で炎症が起き、生成された刺激物質が筋膜を刺激して起こるものとされているようです。
ちなみに歳をとると筋肉痛が遅くなると言われていますが、それは定かではないようです。

スポンサーリンク

では、どのようにすれば和らげることができるのでしょうか。
いつくかやり方をご紹介します。
まず、お風呂に入ることが有効です。
お風呂に入った時に揉んだりマッサージしたり、冷水に1分浸かったあとに熱いお風呂に1分浸かるという方法もあります。
冷やすことで血流を抑え、痛みがおさまったらマッサージをするいうのが効果があるようです。
また、ストレッチも良いとされています。
血流が悪くなることが原因ともされているので、ストレッチをすることで血流を良くするとよいようです。
その他には栄養面を考えることです。
筋肉はたんぱく質でできています。
たんぱく質を摂取することで、はやくを治すことができるようです。
また、ビタミンB1を多く摂取すると残りずらくなります。
豚の生姜焼きがたんぱく質とビタミンB1の両方を摂取できるメニューです。
黒酢も乳酸を分解すると言われているので有効です。
マッサージやストレッチ、食事を上手に組み合わせて、筋肉痛を少しでも和らげて、スポーツを楽しみたいものです。

スポンサーリンク