プロテインによる筋肉痛の回復補助について

スポンサーリンク

 激しい運動を行った次の日、筋肉痛になる事があります。
筋肉痛とは、激しい運動により筋肉の一部が破損した状態による痛みです。
筋肉はそれを修理する機能があり、それを超回復と呼びます。
この破損と回復により、筋肉は強靭なものとなり、外見も変わってゆきます。
 その回復に関し、プロテインが非常に有効な物となっています。
これは、皆さんも、常識の範疇でご存知なことだと思います!!
このプロテインはどうして有効なんでしょうか!?
それは、プロテインの主成分はタンパク質だからです。
タンパク質は、筋肉を治す際に必要な成分の1つです。
そのため、激しい運動を行う前と、行った後には、必ず大量に摂取する必要があります。
 しかし、普通の料理で大量にタンパク質を得るのは、非常に手間がかかり効率的ではありません。
また、吸収の効率が悪い場合もあり、非常に大量の食品を食べなければなりません。
 それを解決してくれるのが、プロテインとなります。
他の食品とは違い、吸収効率なども考慮された状態になっており、速やかに体の中に吸収され、筋肉の生成に役立ちます。

スポンサーリンク
 

筋力トレーニングなど、普段から強い付加でのトレーニングを続けている方は、普段からプロテインを摂取した方が良いとされています。
例えば筋肉痛が無い場合でも、トレーニングを定期的に行っていると、筋肉は常にタンパク質を求め続けます。
筋肉の量により、必要なタンパク質量は異なりますが、常に摂取していた方が良いのです。
 プロテインと聞くと、ボディビルダーのようなプロの方のみが使うようなイメージがありますが、実は普通の方の運動のサポートとして非常に有用です。
運動をしつつ適量を摂取していくと、筋肉痛を軽減しつつ効率的に筋肉を増大させます。
筋肉は大量のカロリーを使うため、筋力が増えた分、代謝が活発となります。
つまり、それほど普段の食生活などを変えることなく、無意識にダイエットが出来るのです。
 健康にとっては良い事づくめとなります。
これから運動を考えているかたは、是非今回ご紹介した方法を憶え、実践してみてください。

スポンサーリンク