治らない「腕の筋肉痛」に効果的な方法は!?

スポンサーリンク

仰向けでスマートフォンを長時間いじったり、重い物の運搬、激しい運動によって、腕が筋肉痛となってしまう場合があります。
ひどい場合だと、1週間以上治らない事やしびれ、腕が上がらない事に悩まされる事もあります。
筋肉痛の原因は「乳酸」だと言われています。
運動をしたり負担がかかったりする事で、筋肉には乳酸が蓄積されます。
その乳酸は溜まっていくと次第に酸性になり、それが原因で筋肉が痛むようになります。
これが筋肉痛です。
筋肉痛というと、体を使用したことで、その部分に負荷がかかったために起こると思っている方も多いと思いますが、違うんです。
筋肉痛の原因というのは、実は負荷によるものではなく、体に溜まった老廃物や疲れの元である「乳酸」なんです!!
また、運動をした直後ではなく数日後に痛み出す場合もありますし、普段運動をしている人もそうでない人もなる可能性があると言われています。

スポンサーリンク

しかし、治らないというわけではありません。
乳酸によって傷ついた筋肉を修復するスピードは、血行が良いかや新陳代謝が良いかが影響します。
この2つが良いと筋肉の回復も早く、痛みも短時間で治まります。
他にも、水とお湯を交互に浴びて末梢血管を広げる、ストレッチを行う、等も治療に有効です。
これは血流の流れをよくすることで効果的に筋肉痛を緩和するということで、世界中でも取り入れられている方法なんです!
筋肉痛は腕や太ももに最も起こりやすいと言われています。
また、腕は日常生活でも頻繁に使うため、痛みによる負担は大きいです。
ですが、治りにくい腕の痛みにも対処法や対策法は存在します。
ビタミンや栄養を多く摂取したり、湿布を貼る、温めて血行を良くする等が有効な対処法です。
激しい運動をしてしまい、筋肉の疲労や損傷が心配な場合も予防する事が可能です。
筋肉をクールダウンさせるために、ジョギングやストレッチをしたり、筋肉を温めるために温かいシャワーを浴びる、疲労回復に有効なビタミンCやたんぱく質が豊富な、食品や飲み物を摂取する、しっかりと睡眠を取ってよく休む等で、筋肉が痛む事を防ぐことが可能です。
筋肉痛は、放置すると痛みの慢性化や肉離れにつながってしまいます。
症状に応じた適切な対処が必要です。
筋肉は一生使用する、体に必要不可欠なパーツです。
いつまでも健康で快適に過ごすためにも痛みを放置せずしっかりと対処することが大切です。

スポンサーリンク