筋肉痛が遅れてきてしまう原因には年齢の他にも理由があるんです!?

スポンサーリンク

一般的に筋肉痛が遅れてやってくる原因として年齢がいわれます。
しかし実際には他に理由があることが分かっています。
筋肉痛になる原因は乳酸などの疲労物質が溜まることによって痛みがでるといわれています。
しかし実際には乳酸による疲労物質の蓄積は運動の直後の痛みに関係があるだけで遅れてやってくる筋肉痛の原因ではないといわれています。
実際の原因は運動などの過剰な動きによって筋肉がダメージを負って傷ついた状態になることです。
しかしこれは一般的な筋肉痛の場合で遅れてやってくることの原因は他にあります。
一番大きな理由は筋肉が損傷したことで筋繊維などを修復しようとします。
その際に一度筋肉が分解されて再生されるときに筋肉痛がでます。
出てくるタイミングについてはその強度によって左右されています。
遅れてやってくる理由は強度が少ないことが原因とされています。
なぜ少ないと遅れるのかの理由については筋肉を再生するのは損傷の大きさによってタイミングが異なってくるからです。

スポンサーリンク

筋肉痛は激しい運動をすると長く続くと考えられています。
しかし実際には激しい運動をした後は直後に筋肉痛が起こります。
それは筋肉の損傷が大きく直後に修復をする必要があるからです。
遅れて出てくるのはそこまで損傷がひどくない状態で時間をかけて修復をしても間に合う状態だと身体が判断したからです。
そのために筋肉痛が遅れてやってくることになります。
一般的によくいわれている原因である年齢が理由というのは間違いです。
しかし年齢にともなって運動する機会が少なくなっていくことで筋肉が衰えて本人は全力で行っているつもりでも中途半端な運動になっている場合には遅れてやってきます。
それは年齢が理由ではなく年齢を重ねることで運動をすることが少なくなって筋力が落ちたことが直接の原因です。
そういう意味では若い人でも筋肉痛が遅れてやってくるということはあります。
原因は年齢ではなく筋肉を十分に酷使していないということだからです。
年齢が理由であるというのは誤った認識です。

スポンサーリンク