筋肉痛と体重増加とむくみの原因とは?

スポンサーリンク

運動をして体重を減らそうと考えている人が多くなっています。
激しい運動をした後は筋肉痛が発生することが多くなっていますが、せっかく運動をしても体重増加をしていることがあります。
運動をした後に筋肉痛を感じ、体重増加となっているときにはその原因が気になります。
筋トレを行った後にむくみが発生したり体重増加が見られるときには、筋肉痛と関係があるのか気になります。
運動をした後に体重増加が見られたりむくみの症状が現れるのは、筋肉痛と関係しています。
筋肉痛が原因となってこのような症状が現れているのです。
運動をすることが原因となって、筋組織が傷ついて修復をしていきます。
その流れの中で筋肉痛というものが発生するようになっています。
このときに筋肉は防衛反応として身体の中に一時的に糖分をため込むようになっています。
これが筋肉痛の際の体重増加の原因と考えられています。
同時にむくみの症状も現れるようになっています。
これは次のようなことが原因となっています。

スポンサーリンク

運動をした後に体重が増加したりむくみが発生するのは、水分代謝が悪くなると言うことで、体の中に水分がたまりむくみが発生するようになっています。
水分代謝が悪くなって体に水分がたまり、体重の増加につながるという悪循環となっています。
しかしせっかく運動をしたからといって残念な気持ちになる必要はありません。
これはあくまでも一時的なものなのです。
エクササイズを行ったり筋トレを行うことで体に筋肉がつきます。
そうすると運動の負荷に体がだんだんと慣れて、痛みが発生しにくくなり、むくみも発生しにくくなっています。
筋肉痛になると、これが原因となって水分代謝が悪くなります。
したがってトレーニングを行うときには水分補給をしっかりと行うようにします。
筋肉痛とむくみには大きな関係がありますが、原因となっているむくみを改善する食べ物を積極的に取り入れるようにします。
具体的にはあっ時付けの薄い食べ物となります。
このほかにカリウムをたくさん含む海草類や芋類やナッツ類がおすすめです。

スポンサーリンク