筋肉痛がある時、次のトレーニングまでの間隔はどれくらい!?

スポンサーリンク

トレーニングをし、追い込んだ後に必ずと言っていいほど起こる筋肉痛。
運動には筋肉痛がつきものです。
そして皆さんは、なんのためにトレーニングを行いますか。
おそらく、筋肉を鍛えたい、ダイエットをしたい、健康を維持増進したい。
そんな目的のためにトレーニングを行うと思います。
そのため、毎日行った方がいい、毎日動いた方がいいと思っている方が多いと思います。
しかし、実は筋肉をつけるためには、ある程度間隔を置いてトレーニングを行うことが重要なのです。
では、実際にどれくらいの間隔を置く事が良いのでしょうか。
筋肉痛というのは、筋肉の微細損傷によって起こります。
この微細損傷が回復する時間が約24〜48時間と言われています。
トレーニングをすることで筋肉の微細損傷(筋肉痛)が起こり、1度筋量が減少しますが、適切な休息(間隔)を置くことで、その筋肉が修復し、以前よりも筋量が増量するのです。
この一連の流れを超回復といい、筋肉を増加させるためには必要不可欠な原理なのです。
また、筋肉の回復が24〜48時間だということは、この期間で筋肉痛も徐々に治っていくということを指しています。

スポンサーリンク

筋肉痛はその名の通り痛みを伴いますし、その筋肉を動かしづらいなと感じたり、身体がだるいなと感じることがあると思います。
先ほどお話しした通り、筋肉をつけるためには修復の期間が必要です。
また、筋肉痛もその期間とほぼ同じ間隔で消えていきます。
さらにその修復期間を経た方が効果的に筋肉をつけることができると言えますので、その回復の期間に合わせてトレーニングの間隔を置く事が良いのです。
つまり1〜2日の間隔を置いた、週に3〜4日のトレーニングが効率的かつ効果的なのです。
また、トレーニングをした次の日位まではその効果が続くと言われており、何気ない日常動作でのカロリー消費も、運動をしなかった日よりも多くなると言われています。
そのため、無理に毎日トレーニングを行わなくても、自然にカロリー消費も増え、脂肪燃焼効果もより上がると言えます。
さらに、1〜2日の間隔を置いて鍛えることで、無理なく継続して行うこともできるはずです。

スポンサーリンク