筋肉痛とプロテインを飲むタイミングについて

スポンサーリンク

筋トレで筋肉痛が起こらないと筋肉は増えないと聞きますが、実際はそうではないようです。
筋肉痛があるうちに筋トレを休むと筋肉が減るのではという疑問などもあると思います。
また、ゴールデンタイムを呼ばれるプロテインを飲むタイミングも存在します。
筋肉痛は筋肉に負荷をかけ、傷つき、同じ負荷を来た時に耐えられるように少しだけ強い状態、つまり超回復を行っていきます。
筋肉痛は行っている筋トレがきちんと体に効いているのかなどを判断する為に重要なことです。
プロテインはたんぱく質という意味です。
たんぱく質は筋肉をつけるために必要な栄養素です。
プロテインを飲むだけでは筋肉はつきません。
あくまでもたんぱく質の補給しているにすぎません。
プロテインを飲むタイミングとしては、起床後もしくは朝食後、筋トレの1時間から2時間前、筋トレ後の30分後、就寝前です。
ベストタイミングは筋トレ後30分以内です。
このタイミングでプロテインを飲むとより効果を感じられると思います。

スポンサーリンク

実は筋肉痛の改善にプロテインが効果があるかもしれないのを知っていますか。
先ほど述べたようにプロテインを飲むタイミングがあります。
そのタイミングで飲めばいいというわけではありません。
筋肉痛予防に良いと言われているホエイプロテインについて紹介します。
牛乳の乳清を原料として作られたもので、たんぱく質の中で最も質が高いと言われています。
そして筋肉痛の予防として優れています。
その理由として第一に消化、吸収される点です。
筋肉痛を予防するならたんぱく質を吸収する必要がありその点においては効果が最も高いと思います。
プロテインを飲むときにはトレーニング前後、就寝前などのタイミングなどで使い分けるとより良い効果を発揮できると思います。
しかし過剰摂取は避けましょう。
どんなに優れた食品やサプリメントでも、必要以上に摂取してしまうと、身体に悪影響を及ぼしかねません。
肉や魚に含まれているたんぱく質を摂取する際にも同じことが言えるので、十分に注意していきましょう。

スポンサーリンク