臨月にふくらはぎが筋肉痛になる症状と原因ってなんだろう?

スポンサーリンク

妊婦さんは臨月にふくらはぎが筋肉痛のような症状を起こしてしまう人が多いと言います。
なぜ臨月にふくらはぎが痛むのか、その原因を考えてみたいと思います。
先ず妊婦さんの体の状態として、腰に負担が掛かる毎日が続きます。
そのため、坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛を起こす可能性があります。
そして、大きくなったお腹を支えるために、背中の痛みが出て、それがふくらはぎの筋肉痛に結び付くのです。
更に妊娠中のホルモンの分泌作用や血行が悪くなることが原因でふくらはぎの筋肉痛の症状が起きやすいとも言われています。
また、血行が悪くなることで体が冷え、筋肉を硬化させることもふくらはぎの筋肉痛の原因の一つとされています。
臨月は特にお腹が重くなるので、ふくらはぎの筋肉痛が起こりやすいのです。
お腹の赤ちゃんが育つことで、お母さんの体には相当な負荷が掛かってくるのです。
そのことを踏まえて、妊娠中期から臨月までは、無理をしないことが大切です。

スポンサーリンク

妊婦さんは、臨月が近づくとふくらはぎの筋肉痛の他にこむら返りの症状を訴える人も多くなります。
朝起きると足がつっていたという症状も多く見受けられます。
妊娠中、特に臨月近くになって、ふくらはぎの筋肉痛やこむら返り、むくみなどの症状が出るのは仕方のないことです。
しかし、原因が分かったら、それらの症状を予防することも大切です。
多くの症状の原因は下半身の血行が悪くなることにあります。
先ずは血行が悪くならないような予防措置が必要となります。
無理のない程度で散歩をしたり、軽いストレッチなどが有効です。
また、妊婦さんはこまめな水分補給や栄養をしっかり取ることも大事です。
お腹の赤ちゃんの方に栄養を取られることも不調の原因となることがあるためです。
妊婦さんのふくらはぎの筋肉痛の原因がはっきりしたら、その症状の状態に応じて対処することです。
特に臨月を迎えた妊婦さんは、ストレスを溜めないよう心がけてほしいところです。

スポンサーリンク