妊婦に起こる筋肉痛のような症状の原因とは?

スポンサーリンク

妊娠初期の妊婦には特に運動をしていないのに太ももに筋肉痛のような症状が現れることがありますが、その原因はホルモンバランスの乱れによるものです。
無事に出産をするには骨盤の周りの筋肉を緩めて骨盤を開きやすくする必要があるため、妊婦になると骨盤の周りの筋肉を緩める働きがある女性ホルモンの分泌が活発になります。
しかし、この女性ホルモンの働きによって骨盤の周りの筋肉が緩み過ぎると骨盤に歪みが生じることがあります。
そして、骨盤が歪むと筋肉にかかる負担が大きくなるので太ももに筋肉痛のような症状が現れる原因になるのです。
また、骨盤が歪むと関節への負担も大きくなるので股関節痛の原因になることもあります。
臨月や妊娠中期後期の妊婦は腰や骨盤に負担がかかるので坐骨神経痛などの症状を引き起こしやすくなりますが、坐骨神経痛が原因で太ももやふくらはぎなどに筋肉痛のような症状が現れることがあります。
また、妊婦になってお腹が大きくなると下半身の血行が悪くなりやすいので、太ももやふくらはぎに筋肉痛やむくみなどの症状が現れやすくなります。

スポンサーリンク

妊婦が筋肉痛になった場合の有効な対処法は症状が落ち着くまで安静にしていることです。
下手にマッサージをするとかえって症状が悪化する原因になることがありますし、患部に冷湿布を貼ると血行不良の原因になるので妊婦に対してはこれらの対処法は行わないようにすることが大切です。
どうしても筋肉痛が辛いという場合は患部周辺の筋肉を温めるとよいです。
患部周辺の筋肉を温めると血行が良くなるので痛みが解消されることもあります。
また、妊婦になると下半身がむくみやすくなりますが、下半身を温めて血行が良くなればむくみを解消する効果も期待できます。
ゆっくりとウォーキングをすると全身の血行が良くなるので、筋肉痛がそれほど酷くない場合はウォーキングをすることで痛みを解消できることがあります。
また、妊娠中はホルモンバランスの変化が原因で精神が不安定になりやすいですが、ウォーキングにはストレスを解消する効果もあるのでウォーキングをすると精神を安定させる効果も期待できます。

スポンサーリンク