発熱と筋肉痛をともなう病気とはいったいなに!?

スポンサーリンク

高い熱と筋肉痛が続く病気には一体どのようなものがあるのでしょうか。
一番多いのが風邪です。
風邪を引いて体がだるくなり発熱すると筋肉痛が起こります。
同時に関節痛に悩まされる時もあります。
風邪を引いた時の筋肉痛の原因は、体が風邪のウィルスと戦っているために生じるものです。
人間の体はウィルスや細菌などが侵入してくると攻撃する仕組みがあります。
その時に起きるのが発熱と筋肉痛です。
病気の元と戦っているサインなのです。
このような時に大切なことは、動かず安静にするということです。
安静にすることで体が病気と戦うことに専念できます。
安静にすると、体力を温存させるために体が痛みの物質を出して、筋肉痛や関節痛が起こるのです。
インフルエンザにおいても同じメカニズムで発熱とともに、筋肉痛が起きます。
人間の白血球などの免疫細胞が活躍している証拠なのです。
また、免疫細胞を増やすと風邪を引きにくくなります。
免疫細胞、中でもリンパ球などは筋肉をつけることで増やすことが可能です。

スポンサーリンク

風邪やインフルエンザなどの病気で発熱し、筋肉痛になるとつらいです。
このような病気から発生する筋肉痛を和らげる方法はあるのでしょうか。
もちろんインフルエンザにかかった場合は速やかに医療機関に診察してもらうことが大切です。
風邪やインフルエンザは病気です。
こじらせてしまうと肺炎などの命に関わる病気に発展する可能性もありますから注意が必要です。
自分で発熱から来る筋肉痛を緩和させる方法は、まずは睡眠を十分にとることです。
睡眠は副交感神経を活発にさせ免疫力を高めます。
風邪やインフルエンザを早く治すことが一番の改善方法です。
熱が下がれば必ずおさまります。
ほかにはお風呂に入ることも有効です。
血行をよくするためにマッサージを行うとさらに効果が上がります。
ただし、体力を消耗させるので長湯は禁物です。
食事にも気をつかいましょう。
お腹にやさしくて栄養のある食べ物を摂るようにすることが回復にもつながります。
卵スープやうどん、プリンなどが消化にもよく食べやすいと思います。
いずれにしても早めの治療、対策をして健康を取り戻しましょう。

スポンサーリンク