太ももに筋肉痛を感じた場合に考えられる病気について

スポンサーリンク

太ももに痛みがあらわれた場合の原因は、大きく分けると筋肉痛か坐骨神経痛である可能性が高いです。
筋肉痛は筋肉に負担が加わり、一時的に疲労物質が溜まったり炎症を起こしている状態です。
筋肉痛の場合ならば激しい損傷がない場合には症状が長続きすることはありません。
坐骨神経痛は腰の骨の近くの神経が圧迫されて痛みやしびれを感じる症状です。
腰の骨付近の神経が圧迫されることが原因ですが、腰にが症状があらわれずに太ももなどの足に症状が出るケースも珍しくありません。
神経の圧迫の仕方により腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症などの病気に分けられます。
筋肉痛と坐骨神経痛を見分ける方法としては、明確にどこが痛いのかわからない、安静にしていても痛みを感じる、時間が経過しても痛みがひかないといった症状がある場合には坐骨神経痛の可能性が考えられます。
こういった症状がある場合には医療機関に行きましょう。
また痛みがひどい場合にも無理をせずに早めに医療機関に行きましょう。

スポンサーリンク

太ももに筋肉痛やツッパリなどの違和感を感じた場合には、筋肉痛ではなく病気が原因の可能性もあるため注意しましょう。
太ももの痛みの原因が筋肉痛の場合には損傷が激しくない限り時間が経過することで症状が改善しますが、痛みがひかない場合には病気の可能性も考えられます。
太ももに痛みなどの違和感を感じる場合に考えられる病気としては様々な原因のものがあり、原因によって対処法も異なります。
太ももが痛い場合にあらわれる症状としては坐骨神経痛と筋肉痛が多いですが、肉離れや重症の場合には壊死やがんの腫瘍の可能性もあるため、痛みがひどい場合には無理をせずに病院に行きましょう。
また太股に異常があらわれる病気として閉塞性動脈硬化症や急性動脈閉塞あげられます。
これらの病気は血管のつまり、切れ、硬くなってしまうことが原因で起こるため、太股に限らず全身で起こる可能性があるので注意しましょう。
太ももに以外の部位でも筋肉痛が続く場合や、痛みが激しい場合には病気のサインである可能性もあるため注意しましょう。

スポンサーリンク