ふくらはぎの筋肉痛で歩けない時の対処の方法とは!?

スポンサーリンク

日頃しない運動や旅行などで筋肉痛になることは良くあることです。
しかし、あの筋肉痛の痛みはない方が良いと思うのではないでしょうか。
特に旅行などで日頃歩かない方が長時間歩いたりすると翌日筋肉痛になって歩けないことがあり楽しい旅行が辛くなることもあります。
筋肉痛になる場所の多くが足のふくらはぎです。
ふくらはぎが痛いと足を動かすことができません。
階段すら登ることが辛いです。
誰でも一度は筋肉痛の痛みと辛さを体験していると考えられます。
歩けないほどの痛さにならないためには運動や歩く前に対処をすると良いです。
そんな痛くて辛い筋肉痛がふくらはぎに起こらないようにするための対処の方法は、筋肉を動かす前にストレッチをする、足や身体を伸ばしておく、筋肉を揉みほぐしておくなどをすると良いでしょう。
軽く柔軟体操も効果があります。
対処の方法をとっておくと、身体にこれから筋肉を使うことを知らせてあげることにもなります。

スポンサーリンク

ふくらはぎが歩けないほどの痛みを生じないための対処の方法は、ふくらはぎをまずは、冷やしてあげることです。
筋肉を使ったら熱くなっている筋肉を冷やすと効果があります。
筋肉を使ってすぐは、揉みほぐしたり温めたりしては逆効果です。
対処の方法は、市販の冷却剤でも良いですし氷や冷たいタオルでも良いです。
冷やして少し落ち着いたら次に、筋肉痛なって歩けないほどの痛みを生じたふくらはぎを少し温めてあげます。
歩けないほどの痛みですから揉みほぐす方法はまだしない方が良いでしょう。
温める方法だけでも血流が良くなります。
歩けないほどの痛みですからふくらはぎを触っても痛いでしょう。
対処の方法は、温湿布でも良いですし足湯でも良いです。
疲れた足や身体をゆっくりと休めることも対処の方法です。
歩けないほどですのでゆっくりと休めて睡眠をとりましょう。
後に筋肉痛は少しずつ改善していきます。
決して無理に痛みを我慢しないことも大切です。

スポンサーリンク