ランニング後のふくらはぎの筋肉痛の対処方法

スポンサーリンク

運動不足の人は筋肉痛が起こりやすいです。
特にランニングなどの激しい運動をした後は、ふくらはぎが筋肉痛を起こしてしまいます。
そもそも、筋肉痛とは、なぜ起こるのでしょうか。
筋肉は、急激な負担によって疲労物質の乳酸が溜まります。
乳酸が溜まると、筋肉痛の原因になるのです。
この痛みは、即時性筋肉痛です。
また、筋肉の収縮によって、小さな断裂ができます。
断裂によってできた傷から痛みが発生する場合もあります。
また、2日など経過してから起こる筋肉痛もあります。
2日後などに起こる筋肉痛は、古くなった筋肉を新しく使用とする体の働きによって起こるものです。
ですので、あとからくる痛みも大切なのです。
では、筋肉痛をできるだけ起きないようにするにはどのような対処方法があるのかを説明していきます。
まず、ランニングなどの激しい運動をする前の対処法は、しっかりとストレッチをすることが重要です。
ストレッチをすることによりふくらはぎへの急激な負担を軽減することが可能になるからです。

スポンサーリンク

それから、ランニング後は、しっかりと疲労物質をふくらはぎから抜くことが大切です。
ランニングをしたあとすぐにできる疲労物質を抜く方法としては、マッサージがおすすめです。
また、ふくらはぎを軽くたたくことも乳酸を溜めない一つのポイントであると考えられます。
それから、家でもできる対処方法は、ふくらはぎを冷やすことです。
痛みがでそうを感じたらできるだけふくらはぎを冷やすようにしましょう。
また、ある程度冷やしたら、今度は温めるようにすることも大切です、交互に繰り返し行うことによって筋肉痛を対処する方法につながるのです。
それから、ランニング後すぐに対処したいと考えるのであれば、冷汗スプレーなどを使用することも良いでしょう。
また、ランニング後は、ふくらはぎの他の筋肉も疲れている可能性が高いので食事からも栄養を取ることが重要な対処方法の一つであります。
そのため筋肉に必要なたんぱく質や亜鉛、プロテイン、クエン酸、ビタミンなどを取ることがおすすめな対処方法です。
特にプロテインに関しては、粉末などがあるので、ランニング後すぐに飲むことができる対処方法であります。

スポンサーリンク