ランニングの後、股関節が筋肉痛に対処方法を知りたい

スポンサーリンク

運動不足を解消するために手軽にできる運動といえばランニングです。
ですが、ランニング後に股関節が筋肉痛になり困った思いをした方は多いのではないでしょうか。
そんな方のために、なぜ股関節の筋肉痛が起こるのか、そして筋肉痛が起きた場合の対処方法は何があるのか、教えたいと思います。
股関節は20以上の筋肉により支えられており、その筋肉により体重を支えたり走ったりすることができます。
その筋肉がバランスよく鍛えられていれば痛みが起こりませんが、どこかバランスを崩すと痛みが発生してしまいます。
では、ランニングにおいてどのような時に股関節の筋肉痛が発生するでしょうか。
例えば、スピードを上げようとダッシュをしたり急にストップをすると、筋肉にストレスを与え炎症を起こしてしまいます。
また、ランニング中に転びそうになって無理な体制で踏ん張った際にも筋肉を傷め痛みが起きることがあります。
また、普段からランニングをしている人でも、運動前の準備運動や運動後のストレッチを行わないと、筋肉痛になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

それでは、ランニング後に股関節が筋肉痛になった時の対処方法はどうすればよいのでしょうか。
まず大切な対処方法は、ランニング後にストレッチを行う方法です。
この先長くランニングを楽しむためにもアフターケアは大切です。
両足の裏を合わせ、足を床に付けるように股関節を伸ばすことで筋肉を伸ばすことができます。
また、股関節の筋肉痛は筋肉のバランスが崩れていることが原因だと考えられます。
バランスを整えるため、ウォーキングや自転車などで筋力を上げるトレーニングを行う対処方法もお勧めです。
もし自身の力で治らない場合は、鍼灸院などで治療を受ける対処方法もあります。
体全体の筋肉バランスを整えるのには鍼の治療も効果があります。
鍼を行うことで筋肉の緊張がほぐされ、痛みもだんだん和らいでいきます。
股関節の筋肉痛には股関節の周りの筋肉が影響していますので、日ごろからストレッチや軽い運動を行い対処を行っていくことが大切だと思います。
運動後の対処方法を身に付けて、長くランニングを楽しみましょう。

スポンサーリンク