腹筋が筋肉痛の時の治し方はどうすればいいの!?

スポンサーリンク

腹筋が引き締まっていれば、男性はもちろん女性でも最近は魅力的だとして注目されていますが、運動慣れしていない人がいきなり腹筋を鍛えようとすると、普段から筋トレを実施している人と異なり、筋肉痛になってしまうことがあります。
筋肉痛はトレーニングすることで筋肉に負荷が生じ、それによって乳酸が蓄積されて筋肉が傷つくというメカニズムで発生します。
それゆえに筋肉痛は発生したならば、それは腹筋が鍛えられている証拠でもありますが、やはりトレーニングを続ける上で筋肉痛が発生してしまうと厄介なため、痛みを和らげる筋肉痛の治し方を実施すれば、痛みに負けずにトレーニングを継続しやすくなります。
また治し方も一つだけというわけではなく、いろいろな方法があるのでそれらの中から自分に合った好みの方法を選ぶことも可能ですし、いくつかの治し方を併用することで、より高い効果を期待することもできます。
こういった工夫を施すことで、筋肉痛に負けずに腹筋を鍛えるようにしましょう。

スポンサーリンク

腹筋の筋肉痛のおもな治し方としては、マッサージや冷温方法、食事療法や薬物療法などがあり、ストレッチや寝ることなども効果的な方法です。
これらの方法の中で最も簡単な方法は寝ることで、睡眠は成長ホルモンを分泌するために筋肉の再生にも効果的です。
また食事では筋肉を作るたんぱく質やビタミンB1、それをサポートするクエン酸や、乳酸の発生を抑えるブドウ糖といったものが効果的で、とくに豚肉やレモンといった食材がお勧めです。
そして冷温方法では、まずは腹筋を冷やした後に温めれば、血流が良くなるために治し方としては最適ですし、同じく血流を良くするといった意味で、マッサージやストレッチも良いでしょう。
しかしこういった方法でもなかなか効果が実感できないなら、市販の消炎鎮痛剤を利用すれば、効率的に痛みを緩和することができます。
このように治し方はいろいろありますが、たとえば冷やした後に入浴することで温め、その際にマッサージを実施するといったことで相乗効果も期待できますし、それに加えてしっかりした睡眠や食事を実施しすれば、より高い効果を得ることが可能となります。
よって腹筋の筋肉痛はこれらの治し方を実施すれば大丈夫なので、痛みに凹むことなくトレーニングを続けて理想的な腹筋を手に入れましょう。

スポンサーリンク