筋肉痛にならない人の特徴 人の体にその理由なんてあるの?

スポンサーリンク

同じ運動をしても、すぐ筋肉痛になる人と筋肉痛にならない人が存在します。
筋肉痛にならない人が必ずしもスポーツマンという特徴がある訳でもないようです。
その違いは、どこにあるのでしょうか?
一般的に、筋肉痛が起こるメカニズムは、筋肉の鍛え方よりその使い方にあるといいます。
筋肉に対する理由についても考えてみたいと思います。
筋肉痛にならない人の特徴は、一言で言って体の力の抜き方がうまくいっていると言われています。
力仕事や運動は、筋肉が収縮や伸びを繰り返しながら進行します。
この時、体の理由で無理な収縮が続くことが、筋肉に炎症を起こすことも分かっています。
そのようなメカニズムの中で、理由にダメージが起きない動きができる人が、所謂筋肉痛にならない人でもあるのです。
その理由における力の抜き方にも一つの特徴があることも分かってきました。
筋肉痛にならない人は無駄な動きがなく、理由に負荷をかけない動きをしていたのです!!

スポンサーリンク

それでは、体に負荷をかけない動きの特徴とはどのようなことでしょうか?
言葉で特徴を表すのはちょっと難しいのですが、かいつまんで言えば、常にリラックス状態に体を保ち続けることが筋肉痛にならない秘訣でもあるのです。
つまり、体に負荷が掛かる活動をしていると、激しい運動でなくとも筋肉痛が起こることになるのです。
逆に、長い時間運動をしても、筋肉を傷めない動きを続ければ、筋肉痛はおこりません。
普段の歩き方の特徴で一例をあげてみましょう。
筋肉痛にならない人の歩き方では、体重が前方に掛かるような動きがあります。
体重が後ろに掛かる歩き方をすると、どうしても足を動かす筋肉に負担が掛かります。
以外に感じられるかもしれませんが、筋肉痛にならない人は、姿勢が良く少し速足で歩いていることが多いのです。
その歩き方の特徴は、常に足に体重が掛かるのを避け、体重や重力が足に到達しないようにしているのです。
いわば、筋肉痛にならないということは、素早く動きに無駄がないということでもあるのです。
また筋力トレーニングを始めた最初というのは、非常に筋肉痛が起こりやすいとされています。
しかし、トレーニングを繰り返すことで筋肉痛になることが少なくなります。
この理由というのは、体がトレーニングに慣れたという事なんです!!
ですので、日々の積み重ねを行うことでだんだんと体の動きや負荷に対応できる体に変わっていくということがあるので、日々トレーニングを継続するようにしましょう!

スポンサーリンク