脇下に筋肉痛の症状を感じる場合の原因について

スポンサーリンク

脇下が痛む筋肉痛は胸襟を使った運動をした場合におこります。
まず筋肉痛は激しい運動などが原因で筋肉が痛みを生じる状態です。
原因は乳酸が溜まること、筋肉がダメージを受けて炎症を起こしていることなどと諸説あります。
また脇下にはリンパ節や乳腺のはずれなどがあるため、様々なことが原因で痛みを感じたりはれたりといった症状があらわれます。
脇の下の筋肉痛の症状の対処法としては、通常の筋肉痛の対処法と同じく初期には患部を冷やします。
次に症状が落ち着いてきたらマッサージやストレッチなどで回復を促進することが効果的です。
症状が重くなければ数日以内に痛みが治まります。
それから脇下も肩と同じようにこりを感じることもあります。
長時間同じ姿勢をとっていたり、姿勢が悪い人は肩だけでなく脇下もこっていることが多いですが、脇下のこりは見過ごされがちな症状です。
どちらか片側の筋肉がこると反対側の筋肉が体を支えようとして緊張するため、その結果両側の筋肉が凝ってしまいます。
日ごろからストレッチやマッサージなどで筋肉をほぐしてあげることで、これらの症状は防ぐことができます。

スポンサーリンク

左脇下に筋肉痛などの痛みの症状がある場合には、病気が原因の可能性もあるため注意が必要です。
痛みを感じるイコール病気ではありませんが、ただの筋肉痛と自己診断をして放置すると、重大な病気のサインを見逃してしまう場合もあるため注意しましょう。
病気以外に左脇下に痛みを感じる原因としては筋肉疲労、便秘、リンパ節の腫れなどがあげられます。
病気が原因でない場合は筋肉をほぐしたり、十分な休息をとることで症状の改善が期待できます。
病気が原因の場合には心臓疾患、肺疾患、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、乳腺炎や乳がん、筋肉痛などが考えられます。
脇の下が痛む場合の対処法としては入浴で血行を促進させる、痛みや腫れがある場合には患部を冷やす、適度に筋肉をほぐす、筋肉を休ませるといった方法があげられます。
これらの方法を試しても痛みが治まらない場合やひどくなる場合、胃や背中や胸などにも何らかの症状がある場合には早急に病院に行き適切な治療を受けましょう。

スポンサーリンク