下半身の筋肉痛には痛みへの正しい対処法があります

スポンサーリンク

スポーツなどの激しい運動をした後には激しい筋肉痛の症状が出ます。
特に下半身は動かすことが多く痛みが残ってしまうことも多く対処法を実践することが必要です。
筋肉痛になる原因として一般的に乳酸が原因といわれています。
乳酸が疲労物質でそれが筋肉に溜まっていくことで筋肉痛を起こすという理屈です。
しかし乳酸は運動中にできるもので運動後に時間が経過してから起こる筋肉痛の原因とはなりえないといわれています。
実際に痛みが出る原因となるのは筋肉が激しい運動でダメージを受けて炎症が起きることです。
特に下半身には痛みが残りやすく適切な対処法を実践していないと数日間続いてしまって長引きます。
下半身は生活にも使うためになかなか筋肉の痛みが治りにくい場所です。
運動をした翌日に起きるような筋肉の痛みには正しい対処法を実践することが大切です。
激しい運動をすることでダメージを受けた筋肉に対しては筋繊維の修復を促すための環境づくりをすることが重要です。

スポンサーリンク

とりあえず下半身などの筋肉痛がひどい場合には安静にしておくことが第一の対処法です。
まずは痛みが少しましになるまで動かさないようにすることが大切です。
そして筋肉痛の原因となっている炎症を抑える対処法を実践することも大切です。
代表的な対処法としては血行を促進させることです。
非常に効果的なのはぬるいお風呂に入ることです。
熱い湯では長い間入ることができないので効果が薄いのでぬるま湯にしっかりと長い時間入ることが大切です。
そして、ある程度血行がよくなってきたら軽い運動やストレッチなどをすることが大切です。
下半身に痛みが出ている時にはしっかりと栄養を取ることも大切です。
タンパク質は筋肉のもとになる栄養素です。
ビタミンCやビタミンEも血行を促進する効果があるのでダメージを受けた筋肉には非常に効果的です。
下半身の筋肉痛はしっかりと対処しないと長引きます。
痛みが非常に強い場合には医薬品を使うという対処法もあります。
一番気軽で効果的なのは湿布薬です。
下半身は常に動かす必要がある場所なので湿布薬を使うことで回復につなげることもできます。

スポンサーリンク