足で筋肉痛のような痛みが続く場合の原因

スポンサーリンク

足で筋肉痛のような痛みが続く場合は、筋肉の酷使に原因がある可能性があります。
筋肉は、細い糸状の線維が多く重なることでできています。
1本1本が細いため、そのため酷使が続くと切れてしまい、それによって筋肉痛のような痛みが生じることになるのです。
筋肉のダメージが原因ですから、ダメージが抜けるまでは筋肉痛のような痛みは続くことになります。
逆に言えば、そのダメージが抜ければ、筋肉痛のような痛みも解消されるということです。
筋肉のダメージは、人間の自然治癒力によって少しずつ抜けていきます。
つまり筋肉痛のような痛みは、特別な治療をおこなわなくても解消可能ということです。
ダメージが少なければ、通常は強い痛みが続く期間は数日程度で、その後数週間もすれば完全に消えることになります。
筋肉の酷使が原因ですから、もちろんその間は足を十分に休めることが必要となります。
新しい原因を増やさないように気をつけて生活していれば、徐々に問題なく足を動かせるようになります。

スポンサーリンク

しかし筋肉痛のような痛みが数週間以上続く場合には、冷やしたり抗炎症剤を投与したりすることも必要となってきます。
痛みの直接的な原因となっているのは炎症なので、それを抑えれば、痛みが続く可能性は低くなるのです。
それでもなお痛みが続く場合には、炎症を抑える治療にあわせて、温熱療法も必要となってきます。
温めれば、血液によって多くの栄養分が足に運ばれてくるため、回復が促されるのです。
また、足のストレッチをおこなうことも、有効な対処法のひとつです。
筋肉のダメージは、酷使だけでなく、筋肉の衰えも原因となっています。
衰えによって硬く収縮しているため、酷使すると簡単に切れてしまうわけです。
したがって、ストレッチをして足の筋肉を柔らかくほぐせば、筋肉痛のような痛みは生じにくくなります。
もちろん、筋肉のダメージの原因となるような激しいストレッチではなく、足をゆっくりと伸ばしたり曲げたりするといった、軽いストレッチにとどめておくことが大事です。

スポンサーリンク