足の痛みで筋肉痛以外の症状とは?

スポンサーリンク

筋肉痛というのは筋肉が増加していると嬉しく感じるかたもいらしゃるかもしれません。
しかし中には、子供運動会や、ひさびさの運動で痛みを感じて困っていると言う方がいらしゃるかもしれません。
またさほど大したことしたつもりもないのに足が痛いな〜とかんじることもあるので、今回は足の痛みで筋肉痛以外で考えられることを記載していきます。
特にさほど動いていない場合には、坐骨神経痛による神経からの痛みが原因と言うこともあります。
またヘルニアによって痛みを発している場合があります。
ヘルニアというのは腰に痛みがでるのではないのか?と感じる方もいらっしゃるのですが、じつは腰の骨が神経を圧迫することで腰に痛みがなくとも足に痛みを起こすということがあります。
そして、長期間この痛みが改善しないと言う場合には腰に痛みが起こるということが多々あります。あまり進行すると座るだけでも痛みが出て横になる以外の姿勢が痛いという症状が起こります。
また、多い傾向として肉離れが起こるということも考えられます。

スポンサーリンク

久々に足を使ったということで、筋肉痛が自分の想像よりも痛いと思ったら実は肉離れだったということもあります。
また肉離れになるとかなり強い痛みが継続して歩くことが辛いと感じることがあるので、太ももに痛みを感じたら安静にするようにしてください。
また妊娠をしている方ですと、胎児がお腹の中にいるために骨盤が広がります。
これにより、神経を圧迫して足に痛みを起こすということがあります。
妊婦さんのなかには妊娠してから足や腰に痛みを訴える方や神経痛に発展したというかたがけっこう多いんです。
これらが、日常生活でおこる原因でおおいものです。
肉離れを除くと、腰の神経の圧迫により痛みを起こすと言うことが多いです。
腰と足の神経というのは極めて近い場所にのため、腰から足に痛みを感じると言う方が多いです。
また足の痛みが続いてから腰が急に痛くなったという例も多々ありますので、1週間を超えて痛みが或場合には、病院や安静という選択肢を選ぶようにしてください。

スポンサーリンク